2月3日現代資本主義研究(名古屋)会開催のお知らせ

 名古屋にて現代資本主義研究会を開催いたします。2018年2月3日(土)の午後、名古屋駅近辺での開催を予定しています。
 当日現資研のご報告を、聽濤弘さん(元参議院議員)にお願いしています。聽濤さんは2017年10月に『ロシア十月革命とは何だったのか』を本の泉社からご出版されておられます。当日は本書の内容を中心としたご講演をお願いすることとなっております。
 当日の講演内容、コメンテータ、時間と会場の詳細につきましては、12月発行予定の次号基礎研ニュースにて広報いたします。ご期待ください。

. . . → Read More: 2月3日現代資本主義研究(名古屋)会開催のお知らせ

現代資本主義研究会(12月9日)「21世紀の社会変革――課題と主体形成をめぐって――」開催のご案内

全体テーマ:「21世紀の社会変革――課題と主体形成をめぐって――」

平和の危機が叫ばれ、いよいよ改憲問題が浮上してきた現在、国民・市民ひとりひとりの批判的・想像的力量が強く求められています。
 今回の現資研は、①平和②女性③労働者④教育の側面から「平和と主体形成をめぐって」、フロアの皆さんのご意見も交え、多角的に迫ります。
 また研究会終了後、久しぶりに懇親会・望年会を企画し、所内の交流を深めたいと思います。多数のご参加をお待ちしています。  
日時:2017年12月9日(土)13:30~17:30
(通常の現資研より早まっております)
会場:龍谷大学深草キャンパス 和顔(わげん)館 207教室
資料代:500円*一般参加歓迎、事前申込不要

. . . → Read More: 現代資本主義研究会(12月9日)「21世紀の社会変革――課題と主体形成をめぐって――」開催のご案内

(12月10日)東京支部研究集会『ロシア10月革命とは何だったのか』開催のお知らせ

・開催日時:2017年12月10日(日)9:30~17:00
・会場:慶應義塾大学・三田研究棟A・B会議室
・趣旨:①二月革命から十月革命へ、戦時共産主義からネップ、そしてスターリン体制の確立への政治史、経済政策にかかわる問題を掘り起こし、「ソ連は社会主義だったのか」を解明する。また、レーニンが主導した「社会主義の理念と現実」を検証し、現代史最大の実験は、世界に何をもたらしたか、その世界史的意義を探求する。
②現代の世界とロシアの現実からみて、ロシア革命の歴史的国際的意義を振り返る。
・資料代:500円

. . . → Read More: (12月10日)東京支部研究集会『ロシア10月革命とは何だったのか』開催のお知らせ

東京支部研究集会『ロシア10月革命とは何だったのか』

開催日時:2017年12月10日(日)9:30~17:00
会場:慶應義塾大学・三田研究棟A・B会議室

趣旨:①二月革命から十月革命へ、戦時共産主義からネップ、そしてスターリン体制の確立への政治史、経済政策にかかわる問題を掘り起こし、「ソ連は社会主義だったのか」を解明する。また、レーニンが主導した「社会主義の理念と現実」を検証し、現代史最大の実験は、世界に何をもたらしたか、その世界史的意義を探求する。
②現代の世界とロシアの現実からみて、ロシア革命の歴史的国際的意義を振り返る。

・資料代:500円
. . . → Read More: 東京支部研究集会『ロシア10月革命とは何だったのか』

現代資本主義研究会(10月7日)開催のご案内

テーマ:「地域で力を築くアメリカの労働運動と日本:翻訳新刊をめぐって」
日時:2017年10月7日(土)14:00-17:00
場所:立命館大学・大阪茨木キャンパス・C棟471番教室

報告:柴田義雄様:立命館大学政策科学部非常勤講師・「職場の人権」運営委員
   「『地域力をつける労働運運動』、その問いかけるもの(仮題)」
報告:近森泰彦様:「ユニオンと連帯する市民の会」代表
   「地域で労働者と市民の連帯・共同を目指して」
司会:高田好章(所員)
資料代:500円 申込不要

. . . → Read More: 現代資本主義研究会(10月7日)開催のご案内

第41回研究大会のご案内(2017年8月26・27日、京都府立大学)

◆2017年8月26日(土)、27日(日) ◆会場:京都府立大学 合同講義棟3階 (京都市営地下鉄「北山」駅より徒歩約8分) ◆参加費:2000円(院生等は1000円) ◆懇親会費:4000円 . . . → Read More: 第41回研究大会のご案内(2017年8月26・27日、京都府立大学)

現代資本主義研究会(6月24日)開催のお知らせ

テーマ: 根源に立ち返り、激動の世界を考える
――「トランプのアメリカ」はなぜ生まれたか、どう対応すればよいか

  とき:2017年6月24日(土)13:30-17:00
  ところ:キャンパスプラザ京都6階 第一講習室(立命館サテライト教室)
         JR京都駅北口から西へ5分、ビックカメラの北側

報告① 経済面から考えるーーオバマ政権との比較と展望
    河音琢郎(立命館大学、財政学・アメリカ経済の専門家)

報告② トランプ政権の本質をどう捉え、どう対抗したらよいかーー「人間発達の未来社会」を築くために
    藤岡 惇(立命館大学、基礎研理事)

司会兼コメンテイター:中谷武雄(理事長)

. . . → Read More: 現代資本主義研究会(6月24日)開催のお知らせ

現代資本主義研究会(4月22日)開催のお知らせ

日時:4月22日 14時~17時
場所:キャンパスプラザ京都 (京都駅下車、徒歩5分、中央郵便局西隣、ビックカメラ向かい)
テーマ 「働き方改革」を働く人々の立場から問う

報告 松浦章(所員・兵庫県立大学客員研究員)
「働き方改革への企業対応:裁量労働制拡大と脱時間給労働」
川西玲子(所員・自治労連中央元副委員長)
「地方公務員版働き方改革:非正規化とアウトソーシング」
コーディネータ:高田好章(所員)

. . . → Read More: 現代資本主義研究会(4月22日)開催のお知らせ

経済科学通信142号発行のお知らせ

経済科学通信142号を発行しました . . . → Read More: 経済科学通信142号発行のお知らせ

2017年度春季研究交流集会のご案内

日時:2017年3月4~5日(土・日)
場所:高知県公立大学法人永国寺キャンパス「教育研究棟」
高知県高知市永国寺町2番22号 TEL:088-821-7100(代表)
資料代:2000円(学生:1000円)

. . . → Read More: 2017年度春季研究交流集会のご案内