2024年度秋季研究大会のお知らせ(9/7・8、広島市内)

共通セッションⅠ「核の時代の平和の構想-ヒロシマで語る平和と人間の安全保障」

共通セッションⅡ「食と農と地域のつながり」

 

2024年秋季研究大会は、9月7日および8日(土・日)、広島市内で開催することが決定いたしました。現在のところ、市内の「西区民文化センター」を確保していますが、会場予約が可能となった段階で「広島弁護士会館」に会場を変更する予定です。広島弁護士会館で実施できる場合は対面とオンラインの併用を予定しています。会場の情報は次号の基礎研ニュース、もしくは基礎研ホームページでご確認ください。

1日目(7日・土曜)は午後に総会と共通セッションⅠ、2日目(8日・日曜)は午前に並行セッション、午後に共通セッションⅡの開催を予定しています。

 

<日時・場所とタイムスケジュール>

〇日時:2024年9月7・8日(土・日)

〇会場:現在のところ「西区民文化センター」を確保

※会場予約が可能となった段階で「広島弁護士会館」を確保します。

1日目:総会(12:00~13:30)、共通セッションⅠ(14:00~17:30)

2日目:並行セッション(9:30~12:00)、共通セッションⅡ(13:00~16:00)

 

<共通セッションⅠ(9月7日・土)>

「核の時代の平和の構想-ヒロシマで語る平和と人間の安全保障」

ウクライナ・ロシア及びパレスチナ・イスラエル両戦争で、関係者から核の投下も選択肢にあるという発言が聞かれるほど、核戦争の可能性も示唆されています。また、米国の議員からは、軍事攻撃の早期終結に長崎や広島の例が示されるなど、核使用をめぐる問題が噴出しています。

こうした情勢を踏まえ、基礎研では「核の時代の平和の構想-ヒロシマで語る平和と人間の安全保障」というテーマを設定し、平和の象徴である広島という地で今後の平和の構想、人間の安全保障について考えることとしました。セッションでは、元広島市長である平岡敬さんの特別報告・メッセージを皮切りに、石川康宏さん(所員/神戸女学院大学・名)、福岡奈織さん(イニアビ農園)、他1名の報告者(打診中)からテーマに基づく報告を行っていただき、議論します。司会・コーディネータは藤岡惇さん(所員/立命館大学・名)です。

 

<共通セッションⅡ(9月8日・日)>

「食と農と地域のつながり」

2日目の共通セッションⅡでは、「食と農と地域のつながり」をテーマに、中国地方、中山間地域の課題にアプローチします。戦後日本から現在まで、農業基本法から食料・農業・農村基本法への変遷を含め日本の食料・農業・農村はどのように変化・変遷していったのか。中国地方における食と農、地域のつながりに関わる課題は何か。政策課題と実践課題の両面から考えます。

報告は、樫原正澄さん(所員/関西大学・名)、原田佳子さん(所員/美作大学・元、「あいあいねっと」代表)、菰田レエ也さん(所員/鳥取大学)にお願いしています。司会・コーディネータは加藤光一さん(所員/松山大学・元、東アジア経済アナリスト)です。

Comments are closed.