経済科学通信141号発行のお知らせ

 

 

 

経済科学通信141号 目次
Letters of Ecomic Science
 
NEWSを読み解く
NHK問題と報道の自由
醍醐 聰
軽減税率の導入をめぐって
大畑 智史
「ウクライナ」をめぐって
―冷戦終結後、米欧の動きを通してみた旧ソ連・ユーラシア地域―
吉川 顯麿
特集Ⅰ「「働・学・研」融合の理念と実践」
「働きつつ学ぶ」理念と活動の21世紀的視座‐特集によせて‐
十名 直喜
私の神戸研究
池田 清
基礎研自由大学院大阪第三学科の歩み,その成果と課題
高田 好章
損害保険産業におけるCSRと雇用・労働
松浦 章
「『働・学・研』融合という理念と実践」へのコメント
‐「働・学・研」融合という理念と自由大学院
中村 浩爾
「働きつつ学び研究する」ことと基礎研の役割-自らの経験から思うこと
桜井 善行
働きつつ学び研究する意義と未来への展望
-リストラと起業を支えた博士(経営学)への道-
井手 芳美
特集Ⅱ「持続可能な循環型産業・地域づくり」
新しい職業人による経済資本の制御
-現代日本産業における制御主体の形成と発展
池上 惇
循環型地場産業の創造―脱成長時代の地域創生への視座― 熊坂 敏彦
持続可能な循環型産業・地域づくりへの歴史的視座 十名 直喜
地域・自治体の持続可能性と人材養成 鈴木 茂
Paradigm Shiftする世界経済と「地域づくり」について 和田 幸子
勤労と実践をとらえ返す学び(25) 
回顧 かごしま自由大学 馬頭 忠治
現代資本主義研究会から 
センによる「モラルサイエンスとしての経済学」の試み 吉川 英二
書評 
松尾・橋本著『これからのマルクス経済学入門』筑摩書房 瀬尾 祟
松尾匡『自由のジレンマを解く』PHP新書 大西 広
松尾匡『この経済政策が民主主義を救う』大月書店 田添 篤史
吉永純『生活保護「改革」と生存権の保障』明石書店 柴田 徹平
黒川啓一『どっこい大阪府立高校
‐ふつうの高校生が「教育改革」をのりこえる』ウィンかもがわ出版
八木 英二
猿田正機編『トヨタの躍進と人事労務管理
‐「日本的経営」とその限界』政務経理協会
高野 剛
誌面批評 
139号 服部  信一郎

 

経済科学通信141号
発行:2016年9月30日
編集・発行:基礎経済科学研究所『経済科学通信』編集局
購読料:1300円 
定期購読:3600円(年3号)
 
 

Comments are closed.